まるで動く絵本|初めての知育アプリ「Fiete」

知育・習い事
スポンサーリンク

今月で2歳半になる娘。私が触るスマートフォンやタブレットにも興味津々。

試しに…と購入してみた知育アプリ「Fiete」が予想以上によくできていて、アプリに対するイメージをガラッと覆してくれたので、ご紹介します。

Fiete

ドイツの会社が作っている知育アプリ「Fiete」

‎Fiete
‎Fiete
Price:¥250

文字を使った操作は一切ないのでドイツ語がわからなくてももちろん大丈夫。世界中どの国の子供でも楽しめるように作られています。

有料アプリ(360円)ですが時々セールで120円になっているなっていることもある様子。

登場場人物は水夫のFiete。リンゴをもいで袋に入れたり、船に貨物を積み込んだり…、タブレットの基本的操作である「タップ」と「スワイプ」で、彼の仕事をお手伝いします。

木に実っているリンゴをタッチ→スワイプして袋の中に集めます

一言で表すと「動く絵本」。

ほのぼのとしたイラストと水彩画のような柔らかな色合い。背景には海のさざ波やカモメの音がながれていて、あまり「電子的」ではないのんびりした雰囲気が気に入りました。

娘の反応

初めての知育アプリ。

最初はどこをどう動かしたらいいのか戸惑っていましたが、「ここにりんごがあるね。動かしてみようか…。」など声掛けしながら進めるとすぐに慣れた様子。アナログでは味わえないインタラクティブな反応に「うわぁ!」と目を輝かしていました。

タッチの圧が高すぎて画面がうまく反応しなかったり(手が汗で湿っている影響もあるかも…)、スワイプの途中で指を離してしまったり…。上手くいかないことも多いのですが、「もう一回してみる!」と彼女なりに試行錯誤して頑張る様子が見られました。

公式な対象年齢は1歳~3歳になっていますが、直感で操作できるので、もっと小さなお子さんでも十分楽しめると思います。

娘のお気に入り。卵をフライパンまでスワイプして目玉焼きを作ります。

Fiete MathFiete Puzzleなど、関連アプリもいくつかあるようなので、ゆくゆくはそちらも試してみたいです。

子供とスマホ・タブレット

子供向けのアプリというと、アメリカンなキャラクターが電子音の中でにぎやかに動く!というイメージがあったのですが、Fieteはデザインが絵本のように優しく、全体に流れる雰囲気がとても穏やか。アプリに対する私の偏見をガラッと変えてくれました。

「ここはどうしたらいいのかな?」「上手くいったね!」など親子が会話しながら楽しめるところもとてもいいな、と思います。

子供とスマホやタブレットとの付き合い方。正直自分でもまだ正解がわからない部分があるのですが、こういった対話型のアプリで「子供と一緒に遊ぶ」のであれば大きな問題はないのではないのでしょうか。

もちろん、初めは与える情報をこちらが吟味する必要がありますし、子供一人でやらせっぱなしにしない、といったようなルール作りも重要ですが。

娘たちの世代にしてみれば、スマホやタブレットは生まれた時からある当たり前のもの。親がわざわざ遠ざけるのではなく、正しい付き合い方を一緒に学んでいくことが大切だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました