娘の映画館デビュー|しまじろうとうるるのヒーローランド

子供とお出かけ
スポンサーリンク

映画「しまじろうとうるるのヒーローランド」を観に行ってきました。

娘はこれが初めての映画館。

ちゃんと座って見れるかな?劇場が暗くなったら泣かないかな?と心配な点もいくつかあったのですが、大好きなしまじろうと映画に仕掛けられた沢山の工夫のおかげで、最後まで笑顔で過ごすことが出来ました。

「しまじろうとうるるのヒーローランド」あらすじ

発明家の女の子「うるる」が作ったヒーローランドはあこがれのヒーローやヒロインに会えるゆめの世界。 大喜びのしまじろうたちですが、そこに「悪いロボット」が現れて大ピンチ! しまじろうたちは力を合わせてみんなを助けることができるのでしょうか?

しまじろうクラブ: https://kodomo.benesse.ne.jp/open/movie/2019/

子供が大好きなヒーローもの。変身シーンや必殺技なども登場し、テンションの上がるお子さんも多いのではないでしょうか。

ストーリーそのものは上映時間が短いこともあり、あっさり駆け足で進みます。

(Amazon primeで配信されていた昨年の作品、「まほうのしまのだいぼうけん」の方が感動的だったかな?子供は賑やかな雰囲気の、今回の作品の方が楽しいのかもしれません。)

本当のヒーローはかっこいいだけじゃなく、大切な人(家族や友人)を守るために行動できる人だ!というのが本作品のメッセージです。

しまじろう映画の特徴・工夫

しまじろうの映画には小さな子供でも楽しめるよう、様々な工夫が盛り込まれています。

ヒーローステッキ

入場する際にしまじろう柄のビニールバッグが渡され、その中に「ヒーローステッキ」が入っています。

ヒーローステッキは劇中に登場する魔法の杖。「クプルパー!」と唱えるとヒーローに変身することができます。

しまじろう達が変身する際は会場の子供たちも一緒に「クプルパー!」とステッキを振って応援!映画のストーリーに入り込んだような気分を楽しめるため、娘もとても嬉しそうでした。

ヒーローステッキ

劇場の明るさ

劇場はほんのり明るい状態で、暗い場所が苦手なお子さんでも大丈夫。親としても子供の表情が良く見え安心でした。

上映時間

上映時間は60分途中6分間の休憩もあったので、娘も集中力を切らすことなく最後まで楽しむことができました。

休憩時間もスクリーンには楽しい映像が流れています。ストーリーの進行には直接関係のない映像なので、この間にトイレに行かれるご家族もいらっしゃったようです。

おまけのシールも頂きました。

上映開始前に「子供が動いたりおしゃべりしても大丈夫」、とアナウンスされていたのも気が楽でした。
劇中に、会場みんなで声を出したり踊ったりする場面があることもあり、会場全体がわいわいと和やかなムードです。

チケットについて

こどもちゃれんじの会員であれば優待価格でチケットが入手できます!
通常大人1500円、子供1000円が会員価格なら大人1300円、子供800円

そういえばそんなお手紙が来ていた気がしますがすっかり忘れていて。予約直前に夫が気付いてくれました。あぶないあぶない。

ちゃれんじ公式HPにログインすると会員価格でチケットが購入できます。
映画館のHPから直接予約してしまうと割引の適用にならないので注意してくださいね。

映画デビュー大成功!

記念すべき娘の映画デビュー。

帰ってからも「クプルパー!」とステッキを振ったり、テーマソングを歌ったり。楽しんでくれた様子が感じられ、親としても嬉しい一日でした。

本編上映前にディズニー映画「ダンボ」の予告があったのですが、これもなかなか面白そうで。完全な子供向けの映画ではないので、また少し劇場の雰囲気が違うとは思いますが、一緒に観られたらいいなぁと思いました。それともまだ実写は早いかしら?

まだまだ未体験のものが沢山ある娘。これからも少しずつ彼女の世界を広げていってあげられたらいいな、と思います。

▽娘2度目の映画館▽

娘(3歳)と「アナ雪2」を映画館で鑑賞|子供は何歳から楽しめる?感想と娘の反応
ついに公開されたディズニー映画「アナと雪の女王2」。娘(3歳)と一緒に映画館で鑑賞してきました。映画の見どころや娘の反応、子供と一緒に鑑賞する際の注意点をまとめています。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


コメント

タイトルとURLをコピーしました