初心者でも簡単に出来る!シフォンケーキのおすすめレシピ

手作りおやつ
スポンサーリンク

今週のおやつはシフォンケーキ(週に1回以上手作りおやつを作るのが目標♪)。

今回参考にしたレシピがとても作りやすく、味も◎だったので、紹介させていただきます(^^)

色んなレシピがあるシフォンケーキ

定番のケーキだからか、実に様々なレシピがあるシフォンケーキ。

同じサイズの型に対して卵が4個だったり、3個だったり。卵白だけ多めに使ったり…。

製菓の知識はあまりないのですが、お菓子作り初心者としては

①卵を使い切れる(卵白だけ、卵黄だけ余ったりしない)
②牛乳を加熱しない
③型のサイズは17㎝

という3つの条件がそろっていると作りやすいと思います。

私のような初心者の場合、卵黄だけ余ってしまっても使い道がないですし、牛乳を加熱するのも火からおろすタイミングが見極めにくい。

また、型のサイズは「17cm」が2~3日で無理なく食べ切れる丁度良いサイズだと思います(3~4人家族の場合)。

型は底が外れるタイプをを選んでくださいね。

PROFOODSの「基本のシフォンケーキ」がおすすめ

早速ですが今回参考にしたレシピがこちら。

プロフーズのHPにも掲載されている「基本のシフォンケーキ」です。

基本のシフォンケーキ|プロフーズ オンラインストア

卵黄の分量はMサイズの卵3個分、卵白の分量もMサイズの卵3個分。

もっと本格的なレシピだと、卵黄/卵白の分量がグラム表示されていたりして、その時点でやる気が削がれてしまうのですが、これはいかにも単純明快。

詳しい手順も写真付きで解説されていて、卵白の泡立て加減などキーポイントが具体的にイメージしやすかったです。

ちょっと特殊な糖である「トレハロース」が必要なのが難点ですが…。

トレハロースを加えるおかげで、メレンゲ(シフォンケーキの膨らみの元!)が安定し、シフォンケーキが確実に膨らむのだとか(^^)。また、トレハロースの高い保湿力で、翌日以降もパサつきにくくなるそうです。

実際に作ってみました

そして!実際に作ってみたのがこちら。

良い感じに膨らんで、オーブンから出てきたところ…。

完全に冷めたら型から外してカット。

型から外す時に多少表面が剥がれてしまいましたが、良い感じ♡

写真では伝わりにくいかと思いますが、ふわふわしっとり、のとろけるような食感なのです。家族からも「美味しい!」の一声いただきました~。

(実は、勝手にアレンジしてバナナを1本加えているのですが、ちゃんと膨らみました)

参考までに前回作ったシフォンケーキがこちら。このレシピは卵が4個、と多めに使うものだったので生地の色からして全然違いますね~。

これはこれで美味しかったのですが、卵が多い=膨らむ勢いが強いせいか、ところどころ小さな空洞が空いてしまっていました。

今回のレシピではそれがなく、均一に焼けていたのがお気に入りポイントです。

翌日もしっとり。美味しく頂きました。

初心者でも楽しく作れるシフォンケーキ

実はケーキ作りにおいて、型にバターを塗ったりオーブンシートを敷きこんだりするのが一番億劫なのですが、シフォンケーキはそういった作業が必要ないのが嬉しい。

材料も卵、薄力粉、お砂糖、植物油±トレハロース、ととてもシンプルかつリーズナブルです。

一方、ネットで「シフォンケーキ 手作り」と検索すると、「膨らまない」「大き目の空洞が空く」など失敗体験も散見され、作りやすいお気に入りレシピを一つ知っていると重宝するかな、と思いました。

決してお菓子作りが得意ではない私でも上手に出来たので、こちら是非試してみてください。

基本のシフォンケーキ|プロフーズ オンラインストア

焼き上がったシフォンケーキを、瓶の上で逆さまにして冷ましている風景を見ると、なんとなくお菓子作りが上達した気分になれますよ(^^)

使用した道具

最後に使った道具をまとめておきます。

まず型は前述のように17㎝を使用。

しっかりメレンゲを作るので電動泡だて器は必須。

最近は1000円台で買えるので、一家に一つ持っておくことをおすすめします(^^)

シフォンナイフ(ケーキを型から外す際に使用)はあってもなくても良いかもしれませんが、型外しに自信のない私は毎回便利に使っています。

以上、シフォンケーキのおすすめレシピについて記事にさせていただきました。

ご興味のある方は是非作ってみてくださいね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました