【あすけん】レコーディングダイエット3カ月、果たして効果はあったのか。

ライフスタイル
スポンサーリンク

5月初旬、気なく体重計に乗って「ぎょっ!」としました。「大体いつもこれくらい」と思っていた体重より2kgは多かったでしょうか。

咄嗟に体重計が壊れてる?と思い(10年以上使っていたので)、新しく買い替えてみてもやっぱり同じ体重で…。

コロナ禍による運動不足×食生活のゆるみが気になってきた時期でもあり、即刻ダイエットを決意しました。

ハードな運動や極端な食事制限は向いていないので、アプリを使ったレコーディングダイエットゆるい筋トレをメインに、継続すること3カ月。

はたして効果はいかに?現時点での成果と、意識の変化についてまとめてみたいと思います。

典型的なウェーブ体型の私

まず、私の体型について基本情報を。

・身長:160~165㎝
・上半身が薄く、下半身にお肉がつきやすい
・運動経験ほぼ0=筋肉なし
・体重(BMI)に比べて体脂肪が多め

身長はまぁまぁ高め。

典型的な「ウェーブ体型」で上半身は薄いのに下腹部~足にかけてもったりとお肉がつきやすい体質。

筋肉が少なく骨も細いため、BMI(Boddy Mass Index:体重kg ÷ (身長m)2)は低めである割に、体脂肪率の高さが気になります。

▽骨格診断(ストレート、ウェーブ、ナチュラル)についてはこちらのサイトに詳しいです。▽

骨格診断・自己診断|骨格診断アナリスト協会
二神弓子が確立した独自の骨格診断により、「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つ骨格タイプに分かれ、それぞれ似合うファッションコーディネート&アイテム、さらにヘアメイクまで、デザイン・素材・カラーの要素から提案することがが可能となります。

ダイエットの目標

よって、今回は「大幅に体重を減らす」というよりは、「いつもの体重に戻す+筋肉はキープ(あわよくば増やす)」ということをダイエットの目標にしました。

具体的に取り組んだこと

具体的に取り組んだのは以下の3つ。

・アプリ「あすけん」による食事記録
・ゆる筋トレ
・リングフィットアドベンチャー

まずはアプリ「あすけん」による食事記録を開始。食事の傾向を把握し、改善することが目的です。

▽「あすけん」については、こちらの記事に詳しく紹介しています▽

ある日の朝・昼・夜ごはんと、「あすけん」で判明した栄養バランスの弱点
ある日の朝・昼・夜ごはんを「あすけん」で解析。我が家の食事における栄養バランスの弱点が判明しました。

筋トレはスクワット20回(朝・夕)ドンキーキック(左右20回ずつ)プランク60秒をできれば毎日…と思っていたけど、実際には週5回程度。

言わずと知れた任天堂のエクササイズゲーム、リングフィットアドベンチャーは一回10分程度、週3回以上取り組めるよう意識しました。

体重・体脂肪の変化

で、実際に体重がどう変わったか。

最初の1カ月で1kg、次の1カ月はほぼ停滞、また次の1カ月でまた1.2kg落ちました。合計2.2kg減。目標体重(赤い点線)はクリアしました。

体脂肪も激しく上下しながら、ではあるもののじわじわと減ってきています。

最近の体重計はすごくて、ピッと体重を測れば自動でスマホにデータを転送してくれるので、毎日の記録も全く苦になりませんでした。

レコーディングダイエットによる意識の変化

あすけんでは、摂取カロリーだけでなく各栄養素(糖質、脂質、タンパク質、ビタミンなど)の過不足もグラフで表示されるのですが…。その結果、食べているつもりだった「タンパク質」や「食物繊維」が不足がち、という弱点が判明しました。

基本的に我が家の食事内容は私が采配しているため、これは責任重大、と色々と改革をすることに。

具体的には

  • 動物性たんぱく質+植物性たんぱく質を組み合わせる
  • 高タンパク低脂肪ヨーグルトを取り入れる
  • 海藻を取り入れる
  • 豆を取り入れる
  • 間食するならなるべく和菓子

などに取り組みました。

たんぱく質はメインが動物性たんぱく質なら副菜にお豆腐など植物性たんぱく質を取り入れる。それでも不足する場合は高タンパク低脂肪ヨーグルトを間食にしてバランスをとりました。

色んなメーカーから高タンパク系ヨーグルトが出てますが、私は明治の「THE GREEK YOGURT」が一番食べやすく感じます。

食物繊維に関して、海藻や豆はやはり優秀。もっとメニューのレパートリーを増やしたいなぁ。

朝、昼、と食べたものを入力すればその時点で不足している栄養素が分かるので、夕飯の献立には○○を使おう、とバランスが取りやすいのも良かったです。

(と言っても完璧な食事バランスにはまだ遠いのですが。)

間食するなら和菓子

また、ケーキやクッキーを食べると脂質と糖質があっという間に過剰域に達するにも関わらず、他の栄養素(ビタミン)はほぼなし。一方、小豆や寒天が使われた和菓子は食物繊維やたんぱく質の摂取に貢献してくれることも分かりました。食べるなら出来るだけ和菓子にしよう、と新たな意識を持てたのは良かったです。

次の目標

栄養バランスを意識した食事、は意識しつつこれからは体重キープ体脂肪は減の方向で頑張りたいと思います。

となると、やはり運動が必要か…。

モチベーションアップのため活動量計として使えるスマートウォッチの購入も検討中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました