怒涛の一週間|隙間時間にほっと心を落ち着けてくれたもの

ライフスタイル
スポンサーリンク

2020年が始まって一番忙しい一週間が無事終わりました~。

毎日5時半に起きてお弁当作って、娘を園に送り、帰宅したら娘のくもん、お風呂、夜ごはん、寝かしつけまでノンストップ!仕事で頭を使う機会が多かったのもあり、夜になると頭がぼーっとして思考停止状態に…。

平日はほぼワンオペなので私がダウンするわけには…ということで毎日娘と一緒に9時半就寝。睡眠時間がしっかり確保できたおかげで、翌朝に疲れを残さずに過ごせたことは良かったと思います。

ブログの執筆も含め、自分時間はほとんど取れなかったのですが、ちょこっと隙間時間に取り入れて良かったなと思うことがいくつかありましたのでまとめてみたいと思います。

手帳にやりたいことをメモする

一つ目は「手帳にやりたいことをメモする」こと。

壮大な目標じゃなくても全然良くて、例えば週末に作ってみたいレシピだったり、欲しい食器の詳細(サイズやお値段)だったり。

現実のタスクをこなすことが精いっぱい、な状態からちょこっと視線が未来に向くのが良い気分転換になりました。

愛用の手帳はスマイソンのSOHOサイズ。フリースペースが沢山ありこういった小さなwish listを書くのにぴったりなのです。

きれいな字で書くことは諦めて(そもそも字が汚い…)ほぼなぐり書き状態ですが、それくらいラフな感じが気軽で良い。

お気に入りの飲み物を用意しておく

冷蔵庫にお気に入りの飲み物を用意しておくのも、お手軽な気分向上メソッド。

朝起きぬけに、お気に入りのグラスに入れてゴクッと。

ミント×レモンをいれたフレーバーウォーターやアイスティー(お手軽にティーバッグ仕様)なんかをよく飲んでました。

そして、お風呂の後にペリエ!疲れた体にシュワっと心地よい…♡

ペットボトルでは味気ないし、500mlでは飲み切れないし、というところで「330mlの瓶」を愛飲しています。

ネットで買うと一本100円程度とコスパも上々です。

お部屋のグリーン

最後はお部屋のグリーン。

観葉植物はもちろん、花瓶に飾った枝ものも、随分気分を爽やかにしてくれました。忙しい時に家が荒んでくると心まで荒涼としてくるタイプなのですが、お部屋にグリーンがあると、ふと穏やかな気持ちを取り戻すことができます。

ホルムガードのフローラは本当におすすめ
高さがあるものもしっかり支えてくれるので
一年中何かしらの枝を飾ってリビングに置いてあります。

枝ものは水替えも頻繁にいらないので、忙しいご家庭にこそおすすめです(^^)

というわけで来週から幼稚園も始まり仕事も通常ペースに戻ります。

少し新しい勉強も始めてみていることもあり、input/outputのバランスをうまくとりながら過ごしていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました