【絵本の世界】ぐりとぐらのカステラパンケーキを焼いてみました

朝ごはん
スポンサーリンク

連休最終日。

お出かけの予定がなかったので、いつもよりちょっと楽しい朝ごはんにしたいなぁと…。娘の大好きな絵本「ぐりとぐら」からカステラパンケーキを焼いてみました。

ぐりとぐらのカステラパンケーキ

スキレットで焼こう!

検索すると色々なレシピがありました。絵本のとおり「フライパン」で焼くということにはこだわりたい。

鉄製の小さなフライパン=スキレットはオーブンOKでこういった用途にも使いやすいようです(今までごはん作りにしか使ったことがなかった!)。

cotta|憧れのお菓子!あの絵本のカステラレシピ

今回参考にしたのはcottaさんのサイト(下記リンクです)。

https://www.cotta.jp/special/article/?p=33438

卵の泡立て方が異なる2種類のレシピが掲載されていますが、私が作ったのは「共立て」の方。おそらくこっちの方が簡単かな?

カステラパンケーキ焼けました

ハンドミキサーで卵をよーく泡立てて、粉、バター、牛乳を順々に合わせていけば生地は完成。

スキレットに流しいれ、オーブンで25分焼きました。

焼き上がりから時間がたつにつれ表面が縮んでいくので、オーブンから出したてはもっと「ぐりとぐらのカステラ」っぽかったんですよ。

娘は目をまん丸にして「うわぁ」と歓声!

ふわふわ。

パンケーキともカステラともスポンジケーキとも違うちょっと不思議な食感。捉えどころのなさが「絵本の中のお菓子」と言う感じでとっても楽しかったです。

バターをつけてももちろん美味しい。

生地がスキレットにこびりつくのでは?と懸念していましたが、結構するっと外れてくれました。

生地にも入っているけど、追い蜂蜜…(^^) スキレットが熱いのもあり、ほわーんと一面に香りが漂います。幸せ。

そうそう、子供受け抜群!のメニューだと思いますがスキレットが熱くなるので火傷には要注意です。わが家は大人のスキレットからカステラを切り分けて、娘のお皿に盛り付けました。

今後のために、こういったハンドルカバーも買い足そうと思っています(カラーが色々あるけどスタンダードな「ヌメ」が可愛い♡)。

食事を楽しむ

ぐりとぐらの絵本の中から飛び出たみたいなカステラパンケーキ。

食事を楽しむ=会話や雰囲気を楽しむ、ということは大前提ですがたまにはこんな演出も良いですよね。

娘の嬉しそうなニコニコ顔は忘れられません。私自身も、子供のころの憧れが形になりとっても嬉しかったです。

絵本の中のお菓子シリーズ、また作ってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました