【子連れ旅行】初めてのLCC|ジェットスターて実際どう?

子連れ旅行
スポンサーリンク

夏休みのゴールドコースト旅行。

成田-ゴールドコーストの直行便を探した結果、LCC(格安航空会社)「JETSTAR(ジェットスター)」でのフライトとなりました。

LCCは機内が狭くてサービスも不親切」という先入観があり、子連れ旅行には不向きでは?と心配しましたが、意外にもまずまず快適な空の旅。

今回の記事では、予約方法から実際の機内の様子までを、詳細にレポートさせていただきます。

JETSTAR(ジェットスター)予約方法

航空券はジェットスターの公式ホームページから予約することが出来ます。

格安航空券 | 飛行機 予約 | 最低価格保証 | ジェットスター
ジェットスターは日本国内、アジア太平洋地域に就航するLCCです。公式サイトでは、毎日お手頃な価格の航空券を予約・購入できるほか、おトクなセール情報もご提供しています。事前のオンラインチェックインが便利です。

日本語ページがあるので安心。

「出発地」「到着地」「日程」を入力すると、運行カレンダーが表示されるので希望の日時をクリック。チケットの予約手続きが始まります。

JETSTAR公式HPより

基本プランは食事なし機内持ち込み手荷物は7kgまで。

荷物の重量制限を増やしたり、食事を付けたい場合は、「ちゃっかりPlus」や「しっかりMax」といったオプションセットを付け足すことが出来ます。

JETSTAR公式HP|運賃タイプとオプション

私たちは「ちゃっかりPlus」をチョイス。

  • 預け荷物の重量制限が15㎏→20kgにアップ
  • 座席指定可能(スタンダードシートから選択)
  • 1回分の食事・飲み物
  • 他航空会社とのマイルの連携
  • 予約内容の変更可能

といったサービスがプラスされ、8000円の追加料金がかかりました。

成田-ゴールドコースト便 料金

成田-ゴールドコースト、往復の運賃はオプション料金も合わせて、合計276346円/3人。

1人当たり約9万円。ハイシーズンではなく、発着日ともに平日だった影響もありますが、GWの沖縄便より断然安い!

片道5万円以下で南半球まで行けるなんて…とちょっとびっくりしてしまいました。

搭乗

さて、実際の搭乗→機内サービスのレポに移ります。

空港第2ビル→第3ターミナル

成田空港の場合、JETSTARを含むほとんどのLCCの発着は第3ターミナルから行われます。

最寄り駅の「空港第2ビル」からは700m程離れていて、徒歩だと15分前後

シャトルバスに乗った場合の所要時間は約5分。待ち時間(時間帯によって3分/5分/7分間隔で運行)にもよりますが、子供連れ、荷物が多いなどの場合はバスを利用するのがいいかもしれません。

私たちはちょうど良いバスがかったため徒歩で移動しましたが、娘+トランクガラガラの移動は結構大変で、息が上がってしまいました。

時間に余裕を持ったスケジュールが必要です。

第3ターミナル到着

第3ターミナルはかなりガランとした雰囲気。カートが無造作に置かれていたり、外国の空港のような印象を受けました。

チェックイン→荷物預け

まずは、JETSTARのカウンターでチェックイン→荷物を預けます。手続きはスムーズで滞りなく終了。

ちなみに、予めスマホやPCでチェックイン→搭乗券をプリントアウトしておけば、カウンターで発券する手間が省けて便利。また、JETSTARのアプリをダウンロードすれば、そこからQRコードを取得し、搭乗券として利用することもできます。

何かとバタバタしがちな子連れ旅行では、こういったwebサービスやアプリを使って事前にチェックインしておくのがスムーズだと思います。

第3ターミナル内のショップ・レストラン

続いて、第3ターミナル内の空港施設について。

第3ターミナル内にはいわゆる「レストラン」はありません。「ぼてじゅう」や「フレッシュネスバーガー」など飲食施設はフードコート内に集まっています。

早朝から営業しているので小腹を満たすには便利。もっときちんとした食事をとりたい場合は、最寄り駅(空港第2ビル)近くの第2ターミナルのレストランを利用してから、第3ターミナルに移動するのがおすすめです。

成田空港第3ターミナル フロアガイドより

ターミナル内に24時間営業のコンビニがあるので、足りない物品があればここで買い足しましょう。

搭乗ゲート

カウンターから保安検査場、搭乗ゲートまでもとっても遠いです。特に、ゴールドコースト便の搭乗ゲートは一番奥なので、早めに到着したつもりでと結構焦りました。くれぐれも余裕を持ったスケジューリングを…。

出国手続き後エリアには小規模ながらキッズスぺ―スもあります。万が一乗り遅れなどの事態にならないように、早めに手続きを全て済ませ、搭乗ゲートの近くでのんびり過ごす方法がおすすめです。

また、ゲートの中には自動販売機が沢山あります。LCCのドリンクサービスは有料なので、機内で飲む飲み物はここで買っておくのががいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました