きれいな歯を目指して|ホワイトニングはじめました vol.1.

美容
スポンサーリンク

30代を迎え、大切にしたいのは清潔感。特に、口元の印象は重要だな、と思います。

最近はリップにポイントをおいたメイクをすることも多いのですが、濃いリップを塗った時は特に歯とのコントラストが気になる…。

最近、ご近所に新しい歯科クリニックができたこともあり、以前から検討していた「歯のホワイトニング」を始めてみることにしました。

カウンセリング~初回(クリーニング)までのレポートです。おすすめされた歯科グッズについても紹介しています(^^)

歯科選び

最近は、審美歯科でなくてもホワイトニングを取り扱っている歯科が沢山ありますね。

ネットでざっと調べたところ、ホワイトニングは完了までに何度か通院が必要。お値段はクリニックによって様々で、相場は30000~50000円のようでした。

仕事と育児の合間に通うことになるので、料金より利便性を重視。冒頭に書いたように、一番通いやすそうな近くのクリニックを選びました。

駐車場が広く、ネット予約が出来る点も◎です。

カウンセリング

ネットから初診の予約をとり、まずはカウンセリングを。

矯正を含め、歯科治療歴やアレルギーの有無などを聞かれました。

カウンセリング後は虫歯がないか先生に診ていただきます(実に5年ぶりの歯医者さんということで緊張!)。幸い、治療が必要な歯はなく、清掃状況も褒めて頂きました。

ホームホワイトニング vs オフィスホワイトニング

そして、本題「ホワイトニング」について。

ホワイトニングには大きく分けて、自宅で行う「ホームホワイトニング」とクリニックで行う「オフィスホワイトニング」の2種類があります。

ホームホワイトニング オフィスホワイトニング
施行場所自宅歯科医院
方法薬剤+マウスピースを装着薬剤を塗布→光を照射
時間2時間~/回1時間/回
頻度毎日1~2週間
効果の出現ゆっくり早い
効果の持続長い短い

オフィスホワイトニングは効果の発現が早く、1回の処置である程度変化が実感できる分、持続力が弱め。

ホームホワイトニングはじっくり、歯の内部から白くしていくため時間はかかりますが、効果が長く続きます。値段もお手軽。

しかし、今のライフスタイルで毎日マウスピースを装着する時間を確保する自信がなく、今回はオフィスホワイトニングをお願いすることにしました。

オフィスホワイトニングにかかる費用

カウンセリングは無料。

初めてのホワイトニングは何度か連続して施術が必要なため、40000円/3回のコースを組みました。

初回:クリーニング

いよいよ今週から治療が始まりました。まずはクリーニングで着色汚れや歯石を落とします。

クリーニングの流れ
  • ブラッシング(普通→小さ目の歯ブラシ)
  • 歯間ブラシ
  • 水流で歯茎と歯の間の汚れを除去
  • フロス
  • 歯石クリーニング
  • ポリッシング
  • つや出し

歯ブラシは通常タイプ→小さめの2種類を使って、丁寧に磨いて頂きました。

この時紹介していただいた小さめサイズの歯ブラシ、歯間や細かいところまで磨けてとても気持ち良いです。柄が長いので向きや力をコントロールしやすく、通常のブラシと同じように使える点もgood!

家でも早速同じものを準備。

また、歯間ブラシは「4s」という細さをおすすめされました。形は、先を好きな角度に調整できるL字型が使いやすいそう。

今まで自宅ではブラッシング→フロスの2段階で仕上げていましたが、これからは歯間ブラシも使ってみようと思います。ちなみに、奥歯は裏からブラシを通すと磨きやすい!という豆知識も教えていただきました。

クリーニングにかかった時間はおよそ20分。自分では磨きにくい奥歯までツルツルに!

ここまでの費用は保険適用で1700円でした。

きれいな歯を目指して!

年内にはいよいよ、一回目のホワイトニングの施術がある予定です。

施術の様子や効果など、またレポートさせていただきますね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました