東京一人旅|クロワッサンとウィーンモダン展

一人旅
スポンサーリンク

週末、前職場の同窓会があり単身東京へ。夫と実家の母が快く娘を預かってくれたため、リフレッシュもかね、翌日土曜日は半日観光を。見たいものを見て、食べたいものを食べ、心の洗濯のような時間でした。

後日、ひとつひとつ掘り下げた記事も書きたいな、と思っているのですが、まずは備忘録も兼ねてざっと振り返ります。

初日

午前中の仕事を終わらせ、新幹線で東京へ。

開放的な気分になり、車内でビールを一本。移動中に読みたい本や調べたいことを準備していたにも関わらず、ほろ酔い気分でウトウトしているるだけで時間が過ぎてしまいました…。無念。

久しぶりの東京駅。人の多さにやや気圧されながら、とりあえずホテルに向かいました。

GINZA SIX|diptyque Ginza

ホテルに荷物を置き、会が始まるまで30分程銀座をぶらり。

GINZA SIX B1Fのdiptyqueで父の日のプレゼントを物色。最近車を買い替えてウキウキの夫にカーディフューザーを選びました。

同窓会

女医さんの参加も多く、なかなかに華やかな会でした。私と同じく、子育て中の方も何人かいらっしゃいましたが、皆さん治験やJCOG、はては病院経営にも積極的に関わり、精力的に働かれている様子。「仕事か家庭か」のような悩みはあまり耳にせず、眩しい思いでした。

放っておくとすぐ「家庭寄り」に傾く私にとっては、エネルギーの差を見せつけられたようでちょっとしょんぼり…。自分にできることを1つずつ頑張るしかないとは思っているのですが。

宿泊ホテル|ホテルザセレスティン銀座

さて、今回の宿泊は2017年に新しくオープンしたザセレスティン銀座。こじんまりとした客室ですが、シックな内装で、バス・トイレも別。銀座まで歩いてアクセスでき利便性のよいホテルでした。

今後も東京出張の折には利用したいと思います。

眺めの良い(あいにくの大雨でしたが)最上階のレストランで頂く朝食もなかなか素敵でした。

3種類のパンは全てメゾンカイザー!大好きなんです。バーニャカウダーソース(ちゃんと温かい)で頂く野菜もフレッシュで美味でした。

朝食はバイキングも楽しいけれど、こういったスタイルも落ち着いて食べられて、また良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました