アラサーメイクの名脇役|リップライナーで「きちんと」「上品」に

コスメ
スポンサーリンク

みなさん、「リップライナー」って使ってますか?

アイライナーや口紅そのものと比較すると、地味…というか、「おまけみたいなもの」という印象があり、私も今まで購入したことがなかったのですが…。

ある日、カウンターでリップのお直しにライナーを使って頂いたところ、その魅力に開眼。今や毎日のメイクに欠かせない存在になっています。

SUQQU|リップディファイニングペンシル

使っているのはSUQQUの「リップディファイニングペンシル」。

リップ ディファイニング ペンシル-SUQQU ONLINE SHOP
LIP DEFINING PENCIL 加齢によってやせる唇、下がる口角をリデザイン※。 ナチュラルマットの質感で、ほどよくシアーな発色を叶えます。 ※ メイクアップ効果による * こちらはレフィルとホルダーのセットです。 0.46g Read moreClo...

カラーは「02 紅木蘭」。自分の唇に馴染む色なので、どんなリップメイクの時も使えます。

お値段はホルダー1650円+レフィル2200円=3850円。2回目からはレフィルだけ購入→取り換えが可能です。

リップライナーとしてはやや太め。その分ぶれにくいので、ササっと簡単に輪郭をとることができます。

クレヨンタイプなので唇へのあたりが柔らかく、描き心地なめらか。繰り出し式なので削る手間もありません。

リップライナー、どんな効果がある?

ついこの間まで「必要ないのでは?」と思っていたリップライナー。実際に使ってみて、気が付いた効果をまとめてみます。

「きちんとした」印象に

第一に、ぼやけた唇の輪郭をはっきりさせると、「きちんと」「上品な」雰囲気を簡単に出すことができます。

この2つはアラサーを迎えた私が、メイクにおいて一番重視しているポイント。リップラインをとる10秒で、そうなれるなら、やらない手はない。

口角が綺麗に整っていると、横顔の印象もアップする気がします。

疲れて見えない

また、一般的な口紅やグロスより持ちが良い=午後になってもリップライナーの効果は続いています。

仕事中は、ポケットに忍ばせた色付きリップクリームをササっと塗る程度ですが、それでもなんとなく朝の顔に戻れる!

愛用中のリップクリーム

リップがきちんとしていると、どんより疲れて見えないので、これもアラサーには嬉しいポイントです。

難しいカラーの口紅も馴染む

以前紹介したSUQQUのブラウンリップ。

透明感のあるブラウン×ブルーパールのとっても素敵な色味なのですが…。コンディションによっては血色が失せ、不健康に見えることも。

そんな、難しいカラーも、自分の唇に馴染むリップライナーで予め輪郭を仕込んでおけば、「似合う」方向に引き寄せることが出来ます。

リップライナーを購入してから、ブラウンリップの登場機会は明らかに増えました。簡単にトレンドが取り入れられて嬉しい(^^)

色選びのコツ

BAさんに教わったことですが、「はじめの一本」は自分の唇に馴染むベージュ~ベージュピンクがおすすめ。

「描いたか描いてないか分からない」くらいが丁度良いようです。

気に入っている口紅に合わす方法もありますが、唇の色に寄せた方が色んな使い方ができて便利。

また、使いやすさの観点から、ペンシルタイプより繰り出し式をおすすめします。

リップ×リップライナー|お気に入りの組み合わせ

現在メインで使っているリップは、この3種類。

  • SUQQU モイスチャーリッチリップスティック 111燻色
  • to/one ペタルエッセンスカラーバター 02ダスティーピンク
  • CHANEL ルージュアリュールインクフュージョン 804 モーヴィーヌード

三者三様の色合いですが、どのリップもSUQQUのライナー1本との組み合わせで違和感なし。

to/oneのカラーバター、色味は気にいっている反面、単品だと輪郭がとりづらく、カジュアルなメイクにしか登場させていませんでしたが…。リップライナーで輪郭を仕込めるようになり、きちんとしたシーンにも使えるようになりました。

アラサーメイクはひと手間かけて

アラサーの大敵、「お疲れ感」「老け感」を払拭してくれるお助けアイテム「リップライナー」。一本持っていれば、どんな時も、心強い味方になってくれると思います。

輪郭をササっととるだけなので、ほんの10秒…(とは言え、朝の10秒は貴重ですが)。

忙しい時こそ、この10秒を大切に、ひと手間かけて、「『きちんと』きれいな人」を目指したいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました