段取り夜ごはん | 鯖のオーブン焼き

30分で作ろう!平日ごはん
スポンサーリンク

今日の夜ご飯。

図書館で借りたレシピ本、「ワタナベマキの31日分の定食カレンダー」を参考に鯖のオーブン焼きを作りました。

メニューと段取りをご紹介します。

メニュー

・鯖のオーブン焼き
・ひじきとひよこ豆のサラダ
・かぶのポタージュ

「31日分の定食カレンダー」には主菜+副菜の献立が何種類も掲載されています。
鯖のオーブン焼きにあわせる副菜は「ひじきと大豆のサラダ」「カリフラワーのポタージュ」になっていたのですが、材料が揃わず泣く泣くマイナーチェンジ。

31日分の献立本。
おしゃれな組み合わせが多くてわくわくします。

7:00 出勤前|下ごしらえ

鯖のオーブン焼き

冷凍の塩鯖(生協の『淡塩さば』が骨もなく、塩加減もちょうど良いのでおすすめ!)を冷蔵庫へ。解凍中にでるドリップが広がらないよう、魚の下にキッチンペーパーを敷いておくのがポイントです。

野菜もすべて切てバットに入れておきました。

かぶのポタージュ

野菜(かぶ、玉ねぎ、じゃがいも)を切ってボウルに。週末にとって冷凍していた出汁は冷蔵庫にうつして解凍を始めます。

朝の準備はこれで完了

17:00 帰宅|調理開始

①オーブンの予熱を開始。
②かぶのポタージュの材料をホットクックへ。メニューから「じゃがいものポタージュ」を選びスイッチオン。
③サラダに使うひじきを水で戻す。玉ねぎを薄くスライスし水にさらす。
④朝用意した鯖、野菜を耐熱皿にいれ調味する。
⑤③でもどしたひじきを熱湯でゆで皿にあける。粗熱が取れたら玉ねぎ、葉野菜、ひよこ豆加え、ドレッシングで和える→ひじきとひよこ豆のサラダ完成
⑥オーブンの予熱完了。④を20分焼く→さばのオーブン焼き完成
⑦ホットクックの指示に従い、②に豆乳を加え加熱する。→かぶのポタージュ完成

手を動かしたのは20分程。朝のうちに下ごしらえを済ませておいたおかげで、夕方も手際よく作業をすすめられました。

18:00 いただきます!

鯖はシンプルに焼いて、大根おろしで頂くのがほとんどだったので、今回少し目先の変わったメニューに挑戦してみました。味付けはバルサミコ酢・塩・オリーブオイル。

グリルされ、とろんとなったトマトと脂ののった鯖の相性が抜群!今後もリピートしたいレシピです。

かぶのポタージュはお出汁と豆乳を使った和風味。どこかほっとする味わいでした。

ひじきのサラダのドレッシングは塩麴だれ(市販)+オリーブオイルで手作り(と言っても混ぜただけ)。

バランスの良い献立

今日は本のメニューをそのまま真似しただけあり、味・食感のバランスの良い献立に仕上がりました。
オーブンやホットクックを使ったので手の空く時間が多かったのもよかったです。

明日は肉じゃがの予定。またまたホットクックが活躍しそうです!

今日の器

【ギフト包装可】食器 チャップオーバルトレー 中 ホワイト/栗原はるみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました