【3歳】保育園|遠足のお弁当メニュー・レシピ

お弁当
スポンサーリンク

先日、はじめての園外保育(遠足)がありました。

娘が通う2~3歳児クラスは、先生と園児が一緒に、徒歩で近場の公園に行き、そこでお弁当を食べるというスケジュール。

今までの親子遠足とは違い、娘が一人でお弁当箱を開け、自分の力だけで食べるんだと思うとドキドキ…。楽しいお弁当タイムになるよう、娘にリクエストを聞きながらメニューを組みました。

実際に作ったお弁当のメニューと、それぞれの簡単なレシピを紹介します。

3歳|遠足のお弁当メニュー

・お花のシュウマイ
・たまご焼き
・ウィンナー
・さつまいものレモン煮
・ナムル風ブロッコリー
・揚げ南瓜
・鮭とわかめのおにぎり

シュウマイとウィンナー、さつまいもが娘のリクエスト。

彩りに加えたブロッコリーは、娘が好きなナムル風の味付けにしました。

3歳|遠足のお弁当レシピ

レシピを簡単にご紹介させていただきます(^^)

お花のシュウマイ

【材料】
・ハンバーグの肉だね 40g
・シュウマイの皮 2枚
・人参(好みの型で抜いておく)
【作り方】
①ハンバーグの肉だねを20gずつに分け、丸める
②①をシュウマイの皮で包む
③②の上に人参をおき、蒸気の立った蒸し器で10分蒸す

実はこのレシピ、最初は蒸し器を使わず、電子レンジで加熱したところ大失敗。肉汁が全部流れでて、パサパサの仕上がりになってしまいました。

慌てて蒸し器で蒸しなおし、今度は成功。作り慣れたやり方が一番ですね。

何かとバタバタしがちな朝に使うなら、こういった簡易蒸し器も便利。手持ちのお鍋に少量のお湯を沸かし、セットすればすぐに使えます。

また、肉だねを少量だけ作る(シュウマイの皮1枚につき、肉だね20gが丁度良い分量)のは難しいので、多めに作って取り分けるのがおすすめ。残りは夕食分に回せば、時短になって一石二鳥です。

参考までに、我が家のハンバーグレシピはこんな材料で作っています。

ハンバーグレシピ

・牛ひき肉 200g
・豚ひき肉 200g
・玉ねぎ 1/2個
・卵 1個
・生パン粉 15g
・塩 小さじ1/2
・胡椒・ナツメグ 各適量

玉ねぎはできるだけ細かく刻み、生のまま入れるのがこだわり。

最近、みじん切りは全部このチョッパーにお任せしているので、とても時短&楽ちんです。

玉子焼き

【材料】
・卵 1個
・砂糖 小さじ1杯
・薄口しょうゆ 少々

お弁当の玉子焼きはちょっと甘めが好き。きれいな黄色に仕上がるよう、薄口しょうゆを使います。

ウィンナー

レシピも何もありませんね…。

ソテーよりボイルするほうがジューシーに仕上がるような。ブクブク沸かない程度の熱湯で、静かに3分茹でています。

さつまいものレモン煮

【材料】
・さつまいも 1本
・砂糖 大さじ1杯
・レモンの果肉 少々
・塩 ひとつまみ
【作り方】
①小鍋にさつまいもをいれ、かぶる程度の水と砂糖、塩を加える。
②小鍋を火にかけ、沸騰したら弱火に落とし、15分程煮る。
③レモンの果肉を加え、そのまま自然に冷ます。

渋みが出ないようレモンは果肉だけ使用(皮は使わない)。煮あがりにサッと加えると、爽やかな風味が際立ちます。

ナムル風ブロッコリー

【材料】
・ブロッコリー
・ごま油
・擦りごま
・薄口しょうゆ
・塩
【作り方】
①ブロッコリーを洗い、水がついたまま小鍋に入れる。
②①の鍋に塩をパラパラと振り入れ、水を鍋肌に一回し加える。
③鍋のふたを閉め、強火にかけ2分程加熱する。
④③をざるに開け、粗熱が取れたらごま油、擦り胡麻、薄口しょうゆと和える。

ブロッコリーはお料理の先生に教わって以来、ずっとこの茹で方。お湯を沸かす必要がないので、あっという間に出来上がり。お水を少量しか加えないので水っぽくならないのもポイントです。

ごま油+塩(+薄口しょうゆ)のナムル風の味付けは色んなお野菜に応用できますね。

揚げかぼちゃ

多めに油を敷いたフライパンで、かぼちゃを揚げ焼きにしました。

前日〜当日の段取り

朝慌てないよう、前日にも少し準備を。

遠足のお弁当段取り
  • 前日
    調理・下ごしらえ

    ・さつまいものレモン煮を作る
    ・ブロッコリーのナムルを作る
    ・かぼちゃをスライスする。

  • 当日①
    同じフライパンで調理

    ・玉子焼きを作る
    ・ウィンナーを茹でる
    ・かぼちゃを揚げる

  • 当日②
    シュウマイを作る

    人参の型抜きをする
    肉だねを作る
    シュウマイを作る

  • 当日③
    彩りよくおかずを詰める

玉子焼き、ウィンナー、かぼちゃは全て同じフライパン(ミニサイズが便利)で調理。

ひき肉で手が汚れるので、メインのシュウマイは一番最後に作りました。

3歳|遠足のお弁当詰め方

大きくて、形のしっかりしているものから詰めるのが鉄則。とういうことで、今回は、シュウマイ→玉子焼き→さつまいも→ウィンナー→かぼちゃ→ブロッコリーの順に詰めました。

人参とさつまいもの赤、かぼちゃと玉子焼きの黄色が重ならないよう意識。最後に可愛いパンダ(シュウマイと中国つながり)のピックを飾ったらできあがり!

ピカピカにして帰ってきました

張り切って作ったお弁当。一人で食べられるかな?喜んでくれたかな?と一日中ソワソワしましたが、ピカピカに全部食べて帰ってきてくれました。シュウマイはお昼になっても柔らかく、美味しく食べられたようです。定番メニューにしよう(^^)

お迎えに行った私の顔を見るなり「ママ、お弁当ありがとう!」と言ってくれたのも嬉しかった。

保育園の給食もとーっても助かりますが、たまにはお弁当もいいですね。お弁当を通じて、母子で温かな気持ちのやりとりができた気がします。

▽親子遠足のお弁当はコチラ▽

コメント

タイトルとURLをコピーしました