【帰宅後30分で準備!】娘3歳|お誕生日のテーブル

30分で作ろう!平日ごはん
スポンサーリンク

先日、3歳のお誕生日を迎えた娘。

お誕生日当日は平日ど真ん中(更に「くもん」の曜日で帰宅が遅い!)。週末には祖父母を招いてのお祝い会も控えていたため、プレゼントを渡して、ごはんは普段通りにする予定だったのですが…。

朝から「おたんじょうびだよ~」と嬉しそうにしている娘を見て一念発起!ささやかながらお祝いのテーブルを用意しました。

調理時間は帰宅後30分…結構それらしくなるものですね!

お祝いのメニューとレシピ。また、特別感のあるテーブルをつくるために意識しているポイントも紹介しています。

3歳|お誕生日のお祝いメニュー

・サーモンと野菜のマリネ
・無花果と胡桃のサラダ
・チキンカチャトーラ
・ステーキ

メインは「チキンカチャトーラ」。鶏肉×きのこは娘の大好きな組み合わせです。

ふるさと納税でいただいたステーキ肉も、ここぞとばかりに解凍しました。

無花果は大人は葉野菜、ブルーチーズ、胡桃とあわせてサラダ仕立てに。娘の分は胡桃と和えてデザートのような雰囲気に仕上げました。

30分で完成!チキンカチャトーラレシピ

メイン料理「チキンカチャトーラ」のレシピをご紹介します。

【材料】(4皿分)
鶏肉2枚
玉ねぎ1個
にんじん1/2本
セロリ1本
しめじ1パック
にんにく1かけ
トマト缶1缶
360cc
ローリエ1枚
塩・胡椒・小麦粉・オリーブオイル各適量

【作り方】
 ①玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくをみじん切りにする
 ②しめじは小房に分けておく
 ③鶏肉を大き目の一口大に切り、塩・胡椒・小麦粉を振る(※)
 ④厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、①の香味野菜をしんなりするまで炒める(※)
 ⑤フライパンを熱し、②の鶏肉の表面をこんがりと焼き付ける
  中まで火が通らなくても良い
 ⑥③の鍋に鶏肉を移し、トマト缶、水、ローリエを入れ15~20分煮込む。 

(※)最後に味の調整がいらないよう、塩・胡椒はしっかり目に!
(※)staubやルクルーゼなど厚手のお鍋がおすすめ。
   野菜にオイルを絡ませるようさっと混ぜ、蓋を閉めておけば、しょっちゅうかき混ぜなくても焦げ付きません。

時短調理成功の最大の秘訣は、ずばり!みじん切りをチョッパーにお任せすること。これで10分弱は短縮できます。

すっかり愛用♪

お好みで、生クリームを加えてもコクが出て美味しいです。

テーブルにお祝いらしさを添えるテクニック

続いて、「お祝いらしい」テーブルを作る上で意識しているポイントをまとめてみました。

特別感を演出するテーブルテクニック
  • ランチョンマットを敷く
  • カトラリーはカトラリーレストにセット
  • ガラスの器を使う
  • リムの広い器を使う
  • 高低差をだす

まずはランチョンマット。テーブルが華やぐのはもちろん、一人分のお皿やカトラリーを置くエリアが明確になるため、全体が整った印象になります。今回は発色が美しいLA GALLINA MATTAのものを使いました。撥水加工も施されており、我が家のテーブルには欠かせない存在です。

カトラリーレストキラキラしたガラスも、特別感を演出してくれる優秀アイテム。

また、今回のメインは煮込み料理ですが、ボウルに盛り付けるより、リムの広い器を使った方がぐっとお料理が映えます。かといって、リムが広すぎても食卓に馴染まない&収納場所にも困るので、今回も使っているジノリのベッキオホワイトシリーズなどが丁度良いかなと思います。

余裕があればシャンパングラスやケーキ台などを取り入れ、テーブルに高低差を出すと、より華やかな印象のテーブルに。

凝ったお料理でなくても、テーブルセッティングを変えるだけでガラッと気分が変わります。ランチョンマットやカトラリーなど、お祝いにはこれ!という定番セットを作っておくとさらに簡単です。

楽しいお祝い会になりました

用意していたプレゼントとブーケ、お誕生日ケーキもみんなで囲み、楽しいお祝い会になりました。娘の「わぁ~!」と喜ぶ最高の笑顔も見られて大満足!

バタバタしたけど、やはりこの日にみんなでお祝いできて良かった(^^)

そして、帰宅後30分。それなりにお祝いらしいテーブルが出来上がり、私の主婦力も捨てたものじゃないなぁと思ったりしました。

▽夫のお誕生日ディナーの様子はこちら▽

コメント

タイトルとURLをコピーしました