おやつの時間が恋しくて

若山曜子 キャロットケーキ手作りおやつ
スポンサーリンク

前回の記事にも少し書きましたが、産後の食欲が止まりません!

妊娠後期に入って以降、お腹の圧迫感が強くてあまり沢山食べられなくなっていた反動もあるかと思いますが…。朝昼晩しっかり食べて、それでもおやつが恋しい!というハングリーモードにシフトしています。

日中、長女が幼稚園に行っている間は比較的手が空いているので、おやつ作りをしてみることも。簡単なものばかりですが、気分転換になり心も体も満たされます。

なかしましほさんのスイートポテト

例えばスイートポテト。長女が幼稚園で掘ってきてくれたお芋で作りました。

レシピはなかしましほさん。

帰ってきた! ちいさなレシピを1ダース。
人気の企画が帰ってきた! 料理家・なかしましほさんの、参加型コンテンツ。140字以下のレシピで、おやつを作ろう! みんなのツイートで完成画像が並びます。

生クリーム不使用であっさりしている分、お芋の美味しさをより濃く感じる気がします。

生地をころころ一口大に丸める作業も楽しいので、親子クッキングにもおすすめです(^^)

シンプルな焼き芋も美味しい

より、シンプルにいくとすれば焼き芋。

授乳期 お腹が減る 焼き芋

洗ったお芋をそのままキッチンペーパーで包み、低温でじっくり焼きます。

焼き立てあつあつにバターとシナモンで。

バターは断然有塩がおすすめ。さつまいものほっくりとした甘さに、塩気のあるバターがとろんと絡み、抜群の相性です。

若山曜子さんのキャロットケーキ

LEE12月号の別冊付録「おやつBOOK」に掲載されていた、若山曜子さんのキャロットケーキも作ってみました。

キャロットケーキ、大好きなお菓子ですが人参をすりおろすのがちょっと面倒に感じることも…。

その点、このレシピは小さめに切った人参と卵やお砂糖をミキサーでブーンと撹拌すればOKで、かなりお手軽。食べたいときにささっと作れる嬉しい提案です。

シナモンやナツメグがほんのり香るケーキ部分はもちろんですが、濃厚なクリームチーズフロスティングがまた美味しくて。

Instagramにもレシピが公開されていたので気になる方は是非♡

和のおやつも好き

自分で作るのは洋の香りがするものが多いのですが、和菓子も大好き。

特にあんこものに目がありません。

ろく助の塩むすびも美味しい

その他、おやつ…?と言って良いのかわかりませんがミニサイズのおむすびもよく食べています。

シンプルな塩むすびも、ろく助の塩を使うと絶品!

パリッと美味しい海苔で包んで食べていると、たいてい家族の誰かが「私もそれ食べたい」と寄ってくるくらい(^^)

新生児期も残りわずか

新生児期も残りわずか。ほにゃほにゃ儚げだった長男も、ここ数日で哺乳量がぐっとアップした気がするし、ほっぺやお腹にぷくぷくお肉がついてきました。

私ももうしばらくは体力勝負。美味しいおやつパワーを借りて、乗り越えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました