【パン作り初心者の挑戦】高橋雅子さんの「少しのイーストでゆっくり発酵パン」で作るマカダミアチョコのプチパン

少しのイーストでゆっくり発酵パン マカダミアチョコのプチパンパン作り
スポンサーリンク

先日からチャレンジしているパン作り。

参考書は高橋雅子さんの「少しのイーストでゆっくり発酵パン」。

前回は、この本の一番最初に載っている「基本のプチパン」を作りました。

今回は少~しだけステップアップ。材料や作り方はほぼ同じですが、最後にチョコ×マカダミアを包んで焼き上げるレシピに挑戦です。

少しのイーストでゆっくり発酵パン

「ゆっくり発酵パン」は、少しのイースト(小さじ1/4!)で時間をかけて発酵させるのが特徴。

イースト特有のにおいが少なく、味わい深いパンに仕上がるそう。

美味しく作るため、「小さじ1/4」が正確に測れる計量スプーンは必需品です!

マカダミアチョコのプチパン

タイムスケジュール

前回同様オーバーナイトで発酵→翌朝焼成のスケジュールを採用しました。

マカダミアチョコのプチパンのタイムスケジュール
  • 前日
    21:00

    計量、生地をこねる
    冷蔵庫の野菜室で一次発酵(8~10時間)

  • 当日
    6:30

    ベンチタイム・成型
    二次発酵

  • 7:30

    焼成

  • 8:00

    いただきます!

ベンチタイム~焼成まで

こちら2次発酵前。

少しのイーストでゆっくり発酵パン マカダミアチョコのプチパン

前回作った「基本のプチパン」は生地を6分割して丸め、そのまま焼きました。

今回の「マカダミアチョコのプチパン」はまず、生地を8分割。チョコとナッツを包み、丸め直したものをピタッと2つくっつけて成型します。

生地の量が少ないので、ちょっと丸めにくく感じましたが、チョコとナッツを包むのは案外簡単。生地が伸びるので、餃子とかより包みやすいかも。

少しのイーストでゆっくり発酵パン マカダミアチョコのプチパン

クープもちょきんと、キッチンバサミで入れればよいので気楽でした(クープナイフの扱いはまだ慣れないので)。

少しのイーストでゆっくり発酵パン マカダミアチョコのプチパン

じゃん!

眼鏡みたいな形になってしまいましたが…!クープからのぞいたチョコが可愛いです。

いただきます

少しのイーストでゆっくり発酵パン マカダミアチョコのプチパン

お気に入りの白樺のバスケットに盛って。

ほかほかの焼き立てが食べられるのは自家製パンの醍醐味ですね。

少しのイーストでゆっくり発酵パン マカダミアチョコのプチパン

全粒粉入りのシンプルな生地に甘いチョコ。カリカリのマカダミアナッツ。

これは家族が笑顔になる味だなぁ…。

フィリングをチーズなど、塩気のあるものに替えても美味しいそうで、それもまた挑戦してみたい。

改善点|こねあがりの目安って?

何度かパンを焼くうちに、「こねあがりの目安って?」と疑問に思ったので調べてみました。

伸ばすと薄い膜が張るまで」と言うのが一番分かりやすい目安のようです。

▽こちらの記事分かりやすかったです

パン生地は、こねが足りないとどうなるの?
こねの役割とは?パン作りにおける「こね」の役割とは、グルテンを作ること。グルテンとはパンの基礎となるもので、このグルテンがないとパンはできません。グルテンには粘性と弾力性があり、こねればこねるほどその

こね不足だとフワフワ感やボリューム感が乏しく、重たい食感のパンが焼きあがるそう。

なんとなく、まだフワフワ感が足りない気がするのは、もうちょとこねた方が良いのかな?

次から気をつけてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました