「レシピを見ないで作れるようになりましょう」|きちんと美味しい家庭料理を目指す。

30分で作ろう!平日ごはん
スポンサーリンク

有元葉子さんの著書「レシピを見ないで作れるようになりましょう」を読みました。

調味料の具体的な分量の記載は一切なく、下ごしらえのコツや作り方の流れ、勘どころが記された、ちょっと珍しいタイプの料理本です。

例えば「キャベツ炒め」なら…

・キャベツを切ったら水に浸け、十分に水を吸わせる
・十分に熱したフライパンに油をやや多めにひく
・キャベツをフライパンに広げたら触らない(キャベツの水分が蒸気になるのを待つ)
・キャベツに透明感がでてきたらパラパラと塩を振る

といった具合。

こうやってきちんと手順を踏んでいくことで、キャベツの甘みはぐっと引き立ち、食感はシャキシャキ、の「きちんと美味しい」キャベツ炒めが完成します。もちろん、ここで押さえたコツは他の野菜でも応用可能。

「丁寧に料理する」ということは、決して「闇雲に手間暇や時間をかける」ことではなく、こういった一つ一つの工程が持つ意味を理解し、ポイントを外さず作業していくことを指すのだと思います。

「レシピを見ないで作れるようになりましょう」

書誌情報
著者:有元葉子
出版社:SBクリエイティブ
出版年:2017年
定価:1500円+税
ページ数:173ページ

◆第5回「料理レシピ本大賞in Japan料理部門」入賞

実践してみました

早速、本の内容を意識しながら、お料理を作ってみました。

【今日のメニュー】
・和牛ステーキ
・夏野菜の揚げびたし
・ポテトサラダ
・お味噌汁

和牛ステーキ

お肉を焼く際のポイントは

・フライパンをよく予熱する(鉄のフライパンなら煙が立つまで)
・お肉を焼くときは中火弱で
・焼き上がったらしばらくアルミ箔で包んでおく(塊肉の場合は特に、肉汁が流れ出るのを防ぐ)
・塩胡椒・醤油などシンプルな味付けで食べる

また、牛肉の場合、塩胡椒は焼く直前に振ります。

個人的には、焼く前にお肉を常温に戻しておくことも重要ポイント。

ミディアム~ミディアムレアの好みの焼き加減に仕上げることが出来ました。
味付けは塩胡椒、ガーリックのみ。美味しいお肉はシンプルに頂くのが一番ですね。

夏野菜の揚げびたし

ここで参考にしたのは茄子の揚げ方。

・茄子は高温の油に入れるので洗わなくていい
・切ってすぐに揚げればアクもでない→水にさらさなくても良い
・油の温度が下がらないよう一本分ずつ揚げる

と書いてあったので実践してみたら、まぁ!余分な水滴がついていないので油もはねず、なんともスピーディーに仕上がる!楽しくて、思わず一袋全部揚げ茄子にしてしまいました。

茄子はほとんどが水分なので、油に入れるとその水分が一瞬で高温になり、あっという間に火が通るそうです。茄子の切り口の角がうっすら色づき、皮がきれいな紫色になったら出来上がりのサイン。

同様に揚げたほかの野菜と一緒にめんつゆに漬け、よーく冷やしていただきました。

ポテトサラダ

これは本に直接レシピが載っていたわけではないのですが。

サラダや和え物は、野菜の表面の水気をしっかり切ることが重要、とあったのでそこを意識。
水気がでそうなキュウリと玉ねぎは、塩水にさらしてしんなりさせたうえで、ギューっとよく絞ってから、ボウルに加えました。

作ってから時間がたっても水っぽくならず、味がピシッと決まった美味しいサラダになったと思います。

丁寧な料理とは

実際に、「レシピを見ないで作れるようになりましょう。」に書いてあるポイントを意識しながら調理してみました。

どれも、いつもと味付けを変えたわけではないのに、食感や素材の味・香りが引き立ったワンランク上の仕上がりになったと思います。「シンプルだけど、きちんと美味しい」が私の家庭料理のコンセプトなので、一歩理想に近づけたようで非常に嬉しい。

また、レシピ通りに手を動かすのではなく、「何のためにこの工程が必要なのか?」という点を理解して作業することで、料理の本当の基本が身につく気がしました。
基本がきちんとわかっていれば、食材や調理方法が少々変わっても応用が利きます。つまり、レシピを見ないで料理が作れるようになる

一つ一つのポイントは調理の流れから逸脱するものではないので、意識することで余分に時間がかかる、というわけでもありません。
有元さんが伝えたかったのも、きっとこういうことではないでしょうか?

毎日のごはんづくり。あまり時間がかけられないからこそ、こういった押さえるべきコツをきちんとおさえて「丁寧に」取り組んでいきたいと感じました。

*今日の器*

コメント

タイトルとURLをコピーしました