娘(2歳)と一緒におやつ作り|ゴロゴロパイナップルケーキ

手作りおやつ
スポンサーリンク

週末のお楽しみ、親子クッキングシリーズ。

今回は「ESSE 2019年 9月号」に掲載されていた「ゴロゴロパイナップルケーキ」を作ってみました。

ESSE「白崎茶会の3時のやさしいおやつ」

ESSE(エッセ) 2019年9月号【雑誌】【合計3000円以上で送料無料】

2018年1月に始まったESSEの人気連載「白崎茶会の3時のやさしいおやつ」。

予約の取れない料理教室「白崎茶会」を主宰する白崎裕子さんのレシピが、毎月一つずつ紹介されています。

朝、「おやつをつくろう」と思って、3時に食べられる。しかも、失敗せずにつくれて、しっかりおいしい。そんな、体にも初心者にも優しいおやつのレシピです。

ESSE「白崎茶会の3時のやさしいおやつ」。

グルテンフリー・乳製品・卵不使用(だけどちゃんと美味しい)のおやつレシピに定評がある白崎裕子さん。著書の「白崎茶会のあたらしいおやつ 」、「へたおやつ」は2年連続で料理レシピ本大賞を受賞しています。

思い立ったらさっと作れるシンプルなレシピが多いので、週末の気軽なおやつにうってつけ。以前も記事にしていますが、娘のクッキングデビューも白崎さんの「米粉蒸しパン」でした。

ゴロゴロパイナップルケーキ

今回紹介されていたのは、焼きっぱなしの素朴なケーキ。夏らしく、パイナップルが使われています。

材料

・パイナップル(カットパインでも可)
・米粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、重曹
・(A)てんさい糖、ラム酒
・(B)絹ごし豆腐、てんさい糖、塩

作り方

①パイナップルは1cm幅に切る。Aを加えてしばらく置き、水分がでてきたらトッピング用のパインをとりわけ、残りはざっくりと刻む。
②ボウルにBを入れ良く混ぜ、①で出た水分・食物油を加えて乳化するまで混ぜる。
③粉類を加えなめらかになるまで混ぜる。
④①で刻んだパイナップルを加えて、型に流し込む。
⑤①で残したパイナップルをトッピングし、170℃のオーブンで40~45分程焼く。

生地が水っぽくならないよう、予めパイナップルをマリネして、水分をしっかり出しておくのがポイントです。

親子クッキング開始

米粉の特徴

米粉を使ったレシピは混ぜすぎてもグルテンができない=ねばついて食感が変わることがないので、気負いなく挑戦できます。

娘がグルグルと、一生懸命混ぜても大丈夫。また、粒子が細かいので粉をふるっておく必要もありません。

一つ注意すべきなのは、米粉の吸水量が商品によってまったく違うこと。同じ水分量を加えても、粉によって固くなったりゆるくなったり、生地の仕上がりは様々です。レシピに掲載されている量が絶対ではないので、工程写真と自分の生地をよく見比べながら、適宜水分を足したり引いたりしてみてください。

できあがり!

混ぜて焼くだけの簡単レシピ。あっという間に生地が出来上がり、あとはオーブンにお任せです。

焼き上がりをのんびり待つのも、おやつ作りの醍醐味ですね。

さあ、召し上がれ。

容器に触れている部分はカリッと、中はふんわり。生地に加えたアーモンドプードルのおかげか、リッチな風味に仕上がっています。

程よく水分の抜けたパイナップルの食感や香りも楽しく、娘はあっという間に二切れ完食。

翌日は冷蔵庫でよく冷やしたものをいただきました。

作った当日より甘味が落ち着き、これもまた夏らしくて美味しかったです。

おやつ作りのバイブル

▽簡単!美味しい!子供と一緒に作れるおやつのアイディアまとめ▽

親子で手作り♪|簡単・美味しい!気軽に作れるおやつのアイデア
混ぜたり、こねたり、丸めたり…。3歳前後のお子さんから一緒に作れる、簡単おやつのアイディアをまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました