ちょっと失敗!白崎茶会のレシピで米粉のパウンドケーキ

手作りおやつ
スポンサーリンク

白崎茶会のレシピで米粉のパウンドケーキを作りました。

▽白崎茶会て何?という方はこちらの記事もどうぞ▽

米粉のパウンドケーキ

参考にしたのは2016年出版の『白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わないかんたんレシピ』に掲載されているレシピ。

第4回レシピ本大賞!

卵・乳製品は不使用。甘酒のとろみやレモン(酸)と重曹の反応を利用して、ふんわりとした食感を作り出します。

…と言いつつ、実はちょっと失敗してしまいました。上手くいかなかった原因の考察も含めて、振り返ってみたいと思います。

材料

米粉
アーモンドプードル
コーンスターチ
ベーキングパウダー・重曹
甘酒
豆乳
レモン汁
てんさい糖

なたね油

今回、米粉は白崎茶会のレシピ本でも推奨されている「リ・ファリーヌ」を使用しました。

【リ・ファリーヌの特徴】
  • 小麦粉の代替として100%使用できる
  • 粒子が細かい(従来の小麦粉の1/2)
  • 安心の日本産

米粉は商品によって吸水性が異なり、生地の仕上がり(固かったり、緩かったり)にばらつきが出ます

レシピの写真と生地の様子が異なる場合は、水分を足したり、粉を足したりして固さを近づけるのですが、これがなかなか難しい。米粉のお菓子に初めて挑戦する場合は、まず!レシピで推奨されている製品を使ってみて、感覚をつかむのがおすすめです。

(私は最近まで自宅にあった適当な米粉を使っていたため、生地が固くなりやすく、調整に苦労しました。)

リ・ファリーヌは本家(白崎茶会)推奨なだけあり、レシピ通りの分量でちょうど良い柔らかさの生地が出来ました。

作り方

材料を順番にぐるぐる混ぜて…。

型に流すだけのシンプルなステップ。

最後、レモンと重曹を合わせるとプクプクと泡が出るので、その泡が消えないうちにサッとオーブンで焼き上げます。

(と言いつつ悠長に写真を撮ってしまった…!)

米粉のパウンドケーキ完成!

さて。実はこの日、バタバタしていて型から出さないまま出かけてしまいました…。

帰宅して、慌ててお皿にあけてみると、んん?真ん中がへこんでいる。

ちょっと失敗!

スライスしてみたところ、やっぱり少し火の通りが甘かった模様。火が通っていない=生地が柔らかい部分がへこんでしまっていました。

水分が飛びきっていないせいか、底の方がもったりと重たい食感でフワフワ感が今一つ~。

自宅のオーブンは電気式なので、レシピ(おそらくガスオーブン)より長めに焼成しないといけないのを忘れていました。お菓子作りは心と時間に余裕がないと上手くいきませんね。

失敗の原因と次回気をつけたいこと

  • 生地が出来たらすぐにオーブンに入れる
  • 高めの温度で長めに焼成する

今回、生地自体はレシピ通りの固さ(粉や水分の調整もなし)で上手くできていたと思います。

膨らみが甘かった原因は、生地を流してからのんびり写真を撮ったこと(レモンと重曹の反応が終わってしまった?)、火の通りが悪かったことにあるのかな。

レシピの写真は上から下まで満遍なく気泡が入って、ふんわり膨らんでいるんですよね。いかにも美味しそうで、次回はこれを目指したい!

リベンジ出来たら、また記事にしたいと思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました