【週末おうち時間】春めくおやつを作ろう|苺のババロアとシナモンのケーキ

手作りおやつ
スポンサーリンク

雨の週末。公園にも行けず、映画館やショッピングモールに出かけるのもなんだかな…。

いつまでこんな状況が続くのか、気が滅入ってしまいそうですが。娘とのおうち時間を少しでも充実させるべく「春めくおやつ」を2種類作ってみました。

参考にしたレシピとあわせて、ご紹介します。

苺のババロア

天然生活4月号|「春色の定番おやつ」より

お弁当特集目当てで購入した「天然生活4月号」。

巻頭の春色おやつ特集にも、目がくぎづけに!苺のババロア、マーマレードを使ったレアチーズケーキ、よもぎのスコーンなど、見た目からも春を感じる素敵なレシピが沢山紹介されています。

苺のババロア

どのレシピに挑戦しようか目移りしますが、今回は娘が「これ一緒に作ろ~」と気にっていた「苺のババロア」を作りました。

娘、生クリームを泡立てたり、順番に材料を混ぜたり…いろいろと張り切ってお手伝いしてくれました。液体だった生地が、冷やすとプルンと固まるのも面白かったようです。

パステルピンクの、とっても可愛らしい見た目に仕上がり大満足!

久しぶりに食べたババロアはキュンと甘酸っぱい春の味でした。

ムラヨシマサユキさん

こちらの特集を担当されたのはムラヨシマサユキさん。 「家で作るからおいしい」をコンセプトに、シンプルで作りやすいお菓子のレシピを多数考案されています。

Instagramはこちら

ムラヨシさんのレシピは、美味しさはもちろん、シンプルながらおしゃれ感のあるビジュアルも魅力。喫茶店で出てくるお菓子のような、ちょっとレトロな雰囲気がまた、良いですよね。

最近は、LEEやオレンジページなど、女性誌の特集でもよくお見掛けします。

マルグリット型のシナモンケーキs

何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子

続いて、以前にもご紹介した門倉多仁亜さんの著書「何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子」からシナモンのケーキを作りました。

特に素材が春、というわけではないのですがマルグリット(マーガレット)型が春らしいと思う。

合わせたのはmateusのフルレースプレート。 濃淡があるので、甘くなりすぎないピンクがお気に入り 。

春が近づくと手に取る頻度が増える器です。

門倉多仁亜さん|シナモンのケーキ

門倉さんのレシピは単純明快。「基本のパウンドケーキ」のレシピに適宜材料を加えることで、様々なケーキに展開します。

こちらのシナモンのケーキは基本の生地+シナモン+レーズン+アーモンドプードルで出来上がり。アーモンドプードルが入るのでちょっとコクのある仕上がりです。

基本の生地の配合は覚えやすく、シンプルなのでアレンジもしやすい。合理性を好む方ににはとってもおすすめのレシピです。

週末おうち時間

雨の週末でしたが、手作りおやつのおかげで、おうち時間が、ちょっと楽しく華やかになりました。

外の空気が思い通りにならない時は、こんな風におやつで「季節を感じる」のも良いですね。

否応無しに「おうち時間」が増えそうな今年の春。楽しく過ごすアイデアとして、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました