娘(2歳)と一緒におやつ作り|かぼちゃ白玉

手作りおやつ
スポンサーリンク

雨予報の日曜日。外出できず、「マフィンでも作ろうか?」と娘に声をかけたものの薄力粉を切らしていることに気がつきました。

パントリーをごそごそしていると、運のよいことに白玉粉発見!冷凍庫には茹でたかぼちゃもある…。

今日の親子クッキングは「かぼちゃ白玉」に決定です。

かぼちゃ白玉

レシピと言うほどのものではないですが…。

材料

・白玉粉 70g
・かぼちゃ(茹でたもの) 60g
・水 大さじ5~
・きな粉、きび砂糖

作り方

①かぼちゃはフォークの背などでつぶす
②白玉粉、①のかぼちゃに水を少しずつ加えなめらかになるまでこねる
③一口大にまるめ、真ん中を指で押してへこませる。
④沸騰した湯でゆでる。水面に浮きあがってきたら出来上がり!
⑤お好みできな粉+きび砂糖をかけてどうぞ。

※白玉粉だけで作るより水が多めに必要です。

親子クッキング開始

白玉生地は私が準備。

「作り方」にも書きましたが、かぼちゃが水分を吸うので通常より多めのお水が必要。少しずつ加えて、なめらかな生地になるよう調整してみてください。

くるくる丸めるところから娘の出番。
まん丸にするのは難しいようで、すべて細長くなっていくのが見ていて面白かったです。

「ポテトみたいになっちゃった…!」とは本人の弁。ちゃんと茹でられるから、それでも大丈夫だよ~。

たくさん出来ました!

写真を撮っていたら「あひるさんが応援しているよ~」とおもちゃ箱から人形を持ってきてくれて、ほっこり。黄色がおそろいだね。

茹で上がったお団子にきな粉ときび砂糖をかける仕上げの作業も娘が手伝ってくれました。

できあがり!

つるんと美味しそうなお団子!

きな粉の香ばしさとかぼちゃの風味もよく合い、思い付きで作ったにしては上々の仕上がりです。

娘は写真の量をあっという間に完食し、おかわりを要求。

余ったら冷凍しようかな?と考えていたのですが、結局すべてなくなってしまいました。
美味しくできて良かったね。

お気に入りのプレート、和のおやつにもピッタリ!

小さな子とも楽しく作れる「かぼちゃ白玉」

前回の「ドロップクッキー」と違って終始なごやかに作業を進めることができました。

粘土のような生地の感触は子供を夢中にさせる魅力がありますね。集中して作業に取り組む様子が見られて嬉しかったです。

つい、凝ったメニューが作りたくなってしまいますが、2歳さんとのクッキングはこれくらいシンプルな工程の方がお互いに幸せかもしれません。

野菜が入っているので「なるべくからだに良いおやつを食べさせたい」という親心も満たされる「かぼちゃ白玉」。
親子で気軽に作れるおやつとしてはかなりおすすめ。所要時間も15分程なので、ぜひお子さんと挑戦してみてください。

▽簡単!美味しい!子供と一緒に作れるおやつのアイディアまとめ▽

親子で手作り♪|簡単・美味しい!気軽に作れるおやつのアイデア
混ぜたり、こねたり、丸めたり…。3歳前後のお子さんから一緒に作れる、簡単おやつのアイディアをまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました