【ワーママ】STAY HOMEな一週間|平日の夜ごはんメニューを公開します。

30分で作ろう!平日ごはん
スポンサーリンク

4月第2週。

第1週はもともと旅行する予定(コロナで流れましたが)だったので仕事もお休み。今週からようやく、新年度の体制で仕事を始めました。

幼稚園がまだお休みなので、私が仕事に行っている間、娘は実母に預かってもらっています。

初めての勤務先で、イレギュラーなことも多く、バタバタしながらの一週間。

一方、不要不急の会議(お弁当付き)が次々中止になり、夫も毎日夕食が必要に。外食も憚れる…ということで、毎日しっかり夜ごはんを作りました(娘と二人だと適当に麺類で済ますことも多い)。こんなスケジュールは結婚してから初めてかもしれません。

そんな一週間の献立を公開します。

【ワーママ】1週間の献立

月曜日:鶏肉のトマト煮

・鶏肉のトマト煮
・野菜の豆乳ポタージュ
・グリーンサラダ

簡単フライパン煮込み。

塩胡椒・小麦粉をはたいた鶏肉の表面をジュジュッと焼き付け、ソフリットとトマト缶で煮込みました。

ソフリットはみじん切りした大蒜・玉ねぎ・人参・セロリなどの香味野菜、オリーブオイルでじっくり炒めたもの。我が家では煮込み料理の旨味付けや、オムレツの具材に使います。時間のある時にたっぷり作って、冷凍しておくと便利。

今回も、冷凍ソフリットを使いました。みじん切りして、炒めて、という手間が省略されるので、かなり時短になります。

豆乳ポタージュはホットクックで。

火曜日:kitOisixの日

・おんた牛和風チャプチェ(kitOisix)
・ほうれん草お浸し(kitOisix)
・キムチ冷奴
・大根とニラの中華スープ

週に一度のkitOisixの日。この日は冷凍kit。包丁を使う行程がなく、一段と手間いらずでした。

もちっとした春雨がたっぷり入っていて、かなりボリュームあり。お醤油ベースの和風チャプチェです。辛味はないので大人は好みでコチュジャンなどを添えても良いかも。

副菜のほうれん草も冷凍ながら、歯ごたえが残っていて美味しかったです。

水曜日:干物

・干物
・野菜の揚げびたし
・ほうれん草のお浸し
・春雨スープ

この日が一番のヤマ。

私の勤務が午後から&遠方のため、帰りが18時を回る予定→午前中の空いた時間にあらかた下ごしらえをしておきました。

パプリカ、茄子を揚げ、麺つゆ+お酢少々でマリネ。スープの材料も切って、バットにセット。

帰宅したらホットクックにスープ作りをお任せ。その間に干物を焼きます。ごはんは出発前に、炊飯器のタイマーをかけておきました。

無事完成、

干物を焼いたりスープを作ったりしている間に、娘とお風呂に入りました。調理を家電にお任せできるってとても便利です。

ちなみに、こちらの立派な干物は鹿児島県日置市のふるさと納税で頂いたもの。身がプリプリ&塩加減が丁度よく、毎年リピートしています。

木曜日:豚の生姜焼き

・豚の生姜焼き
・五目豆
・夏野菜の揚げびたし
・春雨スープ

生姜焼きは有本葉子さんのレシピで。

豚肉の片面に片栗粉を振り、ぱたんと二つに折りたたんで焼いていきます。こうすると、片栗粉の程よいとろみで、お肉に味がしっかり絡むお肉の口当たりが柔らかくなるのだそうです。

有元さんのレシピは甘味の少ないキリっとした味付けが多いのですが、これはしっかり甘辛味。そして、やはり生姜焼きはこうでなくちゃ、と思います。

五目豆はホットクックで。ふっくら美味しく煮えていました。多めに作って冷凍できるよう蒟蒻はなし。

案外、こういう渋いおかずが娘のツボにはまるようです。

金曜日:アクアパッツァ

・アクアパッツァ
・野菜のクリームパスタ
・春キャベツのコールスロー

以前通っていたお料理教室の復習メニュー。

このパスタは何度作っても、味がぼやけてしまいます。野菜から水分が出るので、お塩の量をもっと思い切らないとダメなのかも?

アクアパッツァはstaubの浅鍋で作りました。「二ダベイユ」というシリーズで、フライパンのように使えて、お肉が焼ける。また、パエリアやすき焼きを作るのにも便利です。

娘は大好物の浅利ばっかり食べていました。

一週間の攻略方法

5日間連続して、夜ごはんを作ってみて感じたポイント(攻略法)はこちらの4点。

一週間のご飯づくりの攻略法
  • 週に一度のkitOisixは頭が楽
  • 副菜は多めに作って次の日にスライド
  • 平日にお魚を気軽に食べる=干物
  • ホットクック大活躍

kitOisixは頭が楽

kitOisixは調理過程は勿論ですが、とにかく頭=脳みそが楽。献立作りから解放されるので、疲れていても、手さえ動かせば夜ごはんが完成するのが嬉しい。

とびきり美味しいか?と言われれば微妙ですが、ワーママとしてここは利便性をとりたい。

副菜を次の日にスライド

メイン料理は目立つので毎日替えましたが、副菜は前日のものをそのままスライドすることが多かったです。

副菜なら、あまりマンネリを感じず食べられる気がしました。

また、「一回で食べ切れる量」を意識して材料が半端に余るよりは、使いきってしまう方が冷蔵庫もすっきりするだろう、という判断です。

平日のお魚メニュー=干物

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」を読んで以来、なるべくお魚を献立に組み入れるよう頑張っています。

とは言え、平日はなかなかスーパーに寄れず、魚は自分の目で見て選びたい!という気持ちも強いため、現実に落とし込むのが難しかったのですが。

冷凍庫に美味しい干物があれば、悩む必要なし。調理も焼くだけで簡単なので、最近は毎週干物が食卓に登場しています。

塩加減など好みのものがあればストックしておくのがおすすめです。

ホットクック大活躍!

スープ作りや煮豆に、今週もホットクックが大活躍でした。

材料と調味料さえ揃えれば、あとは機械にお任せ、というのがどんなに楽か。実際、スープを作ってくれている間に娘とお風呂に入ったり、煮豆を炊いてくれている間には仕事をいくつか片づけました。コンロの火を使っていると、こうはいきませんよね。

在宅勤務などで自炊ニーズが高まっている今、確実に役立つ家電だと思います。

以上、今週の夜ごはん記録でした。来週もみっちり5日間ごはん作りの予定。家族の健康と笑顔を守るべく、頑張っていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました