【曲げわっぱ】お弁当ノート番外編:夫のお弁当

お弁当
スポンサーリンク

1週間分の幼稚園弁当を定期的に記事にしていますが、今回は番外編、ということで夫に作ったお弁当の記録です。

外勤の日だけお弁当を頼まれ(院内の売店のラインナップが貧弱らしい)作っています。

いつもは娘のお弁当と合わせて2つ作りますが、この日は娘が3歳児検診のため幼稚園お休み、ということで夫一人分のみ作りました。

せっかくなのでご紹介。

【曲げわっぱ】夫のお弁当

・新生姜と梅の炊き込みご飯
・鰤の照り焼き
・玉子焼き
・たらこ人参
・小松菜とささみの和え物
・さつまいもバター焼き

新生姜と梅と炊き込みご飯

炊き込みご飯は「きょうの料理 6 月号」に掲載されていたレシピ・

たっぷりの新生姜(薄切り)と梅干を一緒に炊き込む爽やかなごはん。抗菌効果も高そうで、お弁当向きですが子供受けは悪かったので夫用に。

梅干しのほんのりピンクが可愛らしいです。

さつまいもバター焼き

さつまいものバター焼きは黒胡麻のパッケージに載っていたもの。

細切りにしたさつまいもをバター×砂糖醤油で炒めて最後に黒ゴマを絡めます。ちょっと甘いおかずが入っていると、箸休めに嬉しいですよね。

その他適当な常備菜を詰めてパパっと完成しました。

慣れの問題もあるかもしれませんが、子供用のお弁当と違って、食べにくさとか味付けの加減(スパイスとか酸味とか)をあまり気にしなくて良いからこちらの方が楽だな~。あしらいに木の芽やハーブをぱっと置いたりできますしね。

結婚してから数年お弁当作り(私と夫の)を続けていて、「いつかこの経験が子供のお弁当作りに活かされたりするのかな?」とぼんやり思ったりしていたのですが、大人弁当と子供弁当はまた別物。

幼稚園弁当を作っていくにあたっては、知識や技術を改めてアップデートする必要があるな、と感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました