【6月第4週】お弁当ノート|年少さんのお弁当1週間

お弁当
スポンサーリンク

6月第4週のお弁当。

幼稚園が始まったばかりの頃、娘はお弁当を見るとお家を思い出して涙ぐんでいたそうですが…。今週からは朝のお見送りの際も笑顔で「バイバイ」が出来るようになりました。新しい生活に馴染んでいっている様子にホッとします。

では、お弁当記録いってみます(^^)

生姜焼き弁当

・生姜焼き
・小松菜入り玉子焼き
・キャロットラぺ
・万願寺唐辛子とジャコの炒め煮
・さつまいものメープルシロップ煮込

豚の生姜焼きは随分前(独身時代)に購入した「女の子の大好きなお弁当」のレシピから。蜂蜜入りの漬けだれのおかげで、冷めてもしっとり柔らかさを保てるそう。

この本は幼稚園の女の子と言うよりは中~高校女子対象の一冊だと思いますが、「ちょっと可愛くてちゃんと美味しそう」なレシピが沢山載っていて自分用のお弁当を作る際にも随分参考になりました。

このアルミのお弁当箱に詰める際は「おにぎりナナメ、時計回りにメイン→副菜→玉子焼き→彩り野菜」が定石になりつつあります。色々な詰め方を試してみたい気持ちもありますが、とにかく時間がない朝は、決まったパターンを繰り替えす方が精神的に負担が少なく済みます。

いろんな柄があってかわいい♡

豚と玉ねぎのカツ弁当

・豚と玉ねぎのカツ
・玉子焼き
・さつまいもの甘煮
・玉子焼き
・キャロットラぺ
・パプリカ

多めに作って冷凍しているカツを解凍→電子レンジの「フライ温め」機能で温めなおしました。

色合いが随分地味になりそうでしたが、パプリカを添えたら体裁が整いました。侮りがたし、パプリカ。

塩鮭弁当

・塩鮭
・さつまいも茶巾
・ズッキーニナムル
・にんじんの梅煮
・玉子焼き

Oisixのお弁当用塩鮭を使用。前日夜に冷蔵庫で解凍→玉子焼き器でソテーしています。

この日もパプリカの力を借りました。こんな風に彩りのアクセントにする際は、ちょっと鋭角にカットするのがポイントかな。

塩麴鮭の竜田揚げ弁当

・塩麴鮭の竜田揚げ
・ほうれんそうのお浸し
・パプリカのきんぴら
・人参の梅煮
・玉子焼き

塩麴に漬けて保存しておいたサーモンを一口大にカット→片栗粉をつけて揚げました。

ほんとはサーモンフライにしようかと思ったのですが衣を3段階(小麦粉→玉子→パン粉)つけるのが面倒で、竜田揚げに。

作ってから二日連続「鮭」弁当になってしまったことに気づきました。まぁ食感も全然違うし、良いよね。

小さいミッフィーちゃんの容器には娘リクエストのフルーツが入っています。

いろんな柄があって可愛い♡

先生の連絡帳の記載からも「『今日はフルーツが入っているんだぁ~』と嬉しそうにしていました」とか「もりもりお弁当を食べていました」とか、娘なりにお弁当を楽しんでくれている様子がうかがえ、ちょっとほろっとしてしまいます。頑張って作るからね~。

以上、6月第4週のお弁当記録でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました