今週のおすすめ絵本 | ぶひぶひこぶたものがたり、なかよしだあれ

絵本
スポンサーリンク

娘(2歳)の読書記録

ワーママ生活2年目。
毎日が慌ただしく過ぎ去っていきますが、
親子のコミュニケーションの場として、子供の感情や想像力を育むツールとして、
読み聞かせの時間は意識して作るようにしています。
図書館で何冊か借りて返却期限までに何度も読む、というのが最近のリズム。
読書記録もかねて、借りた絵本を順番に紹介させていただきます。

ぶひぶひこぶたものがたり

著者:かさいまり
出版社:ひさかたチャイルド
出版年:2007年9月
定価:1200円+税
ページ数:32ページ

あらすじ

朝から大忙しの豚のおかあさん。だって子供が14匹もいるんだもの!子供たちは泣いたり、おっぱいを飲んだり、迷子になったり…。一生懸命お世話をするおかあさん

子供たちが夜寝るとおかあさんはやっと一息。「今日もみんなが元気でよかったな」と子供たちの寝顔を見ながら、おかあさんも眠りにつきます。

▽絵本ナビ▽
ぶひぶひこぶたものがたり

感想・娘の反応

優しい絵柄が気に入りました。こぶたの仕草や表情がとてもかわいらしく表現されています。(特に泣いている顔がかわいい。娘の表情とかぶるのか…?)

かあさんが「困るとき」「がっかりするとき」「びっくりするとき」など、さまざまな場面が描かれているのですが、そのすべてに「うんうん!わかる!」と共感。読み聞かせをする側も温かい気持ちになれる絵本です。

ぶたのかあさんのセリフは「ぶひぃ」だけなので、困っていたり、がっかりしていたりする様子をいかにこのセリフにこめて、表情豊かに読めるかがポイントですね。ちょっと大げさ、なくらい気持ちをこめて読むと、反応が良かったです。

娘は「1,2,3…」とこぶたの数を数えようとしてみたり、迷子になったこぶたを探してみたり、ストーリー以外の部分も楽しんでいました。短いお話ですがゆっくり時間をとって味わいたい絵本です。

なかよしだあれ

著者:にしまきかやこ
出版社:こぐま社
出版年:1995年5月
定価:1000円+税

あらすじ

“庭のお花のなかよしだあれ?そうね、ちょうちょさん。” 

○○のなかよしだあれ?」と女の子が問いかけると、色々ななかよしさんが集まってきます。窓とカーテン、カップとスプーン。ふとんのなかよしさんは枕と女の子。女の子がふとんに入って、「おやすみなさい」でお話が終わります。

▽絵本ナビ▽
なかよしだあれ

感想・娘の反応

おだやかで優しい絵本。「わたしのワンピース」の作者にしまきかやこさんの作品です。

「○○のなかよしさんはなにかなぁ?」と娘と考えながら読みました。最後は女の子が布団に入って「おやすみなさい」で終わるので、寝る前の読み聞かせにもおすすめ

うちの娘は寝るのが大嫌い!で寝かしつけに手こずることが多いのですが、登場人物がが寝るお話を読んでから誘うと、割とスムーズにベッドに行ってくれます。

絶版なのか、オンラインでは新品を扱っているお店が見つけられませんでした。図書館で見つけたら是非手にとってみてください。

言葉もやさしく、0歳の赤ちゃんから楽しめる絵本だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました